不眠症になると起こるさまざまな影響

不眠の影響
「夜中に何度も起きてしまうのがツライ」「布団に入ってから何時間も眠れない」「アラームよりも早く目が覚める」など、安定した睡眠を得られずに、日中のパフォーマンスに支障をきたし始めたら不眠症のサイン。

たかが寝不足と手をこまねいていると、どんどん悪化して思いがけない病気を併発する可能性もあるのです。
だるさが残る、昼間に眠気がおそってくる、といった弊害よりも怖い、併発リスクのある病気とは?

●肥満
夜間に安定した睡眠がとれない、睡眠時間が短すぎるといった生活は、食欲ホルモン・グレリンの分泌につながります。
グレリンには食欲増進作用があり、「寝不足の日はお菓子が我慢できない」という経験はこのホルモンのせい。
さらに、血糖値を下げるインスリンの活性が低下するため、太りやすい状態を作り出してしまうのです。

●高血圧
人間は、寝ているあいだは血圧が下がって起きているときに血圧が上がります。
活動中=心拍数が上がっている状態。眠る時間が短ければ短いほど、心拍が落ちつく時間も減り、常に血圧が高い状態に。高血圧の発症率がグンと上がってしまいます。

●うつ病
不眠症にはメンタルの不調が大きく起因しますが、反対に寝不足のせいでうつ症状を招くことがあります。
睡眠時間の大きな不足は、自律神経やホルモンのバランスが乱れる大きな原因。脳における緊張や不安といった感情のコントロールが難しくなり、結果的にうつ病につながってしまいます。

不眠症による影響は、眠れなさに対するイライラや肉体の疲労だけではありません。
未来の疾患をも引き起こしかねないということを認識し、安定した睡眠を得るために積極的な治療を行なう必要があるのです。